家族のように安心・安全・快適・尊厳を提供し地域貢献し続ける

医療法人育德会 理事長の想い

愛知県一宮市の東に位置する医療法人育徳会では、一宮市を中心に岩倉市や江南市などで地域医療の提供を行っています。
育德会の始まりは、磯村医院として1994年に開業。(消化器を主としての一般的内科)
当時は消化器内視鏡学、肝臓病学にかかわっており、悪性疾患の早期発見・早期治療に邁進していました。

しかし、地域のみなさまと歩んでいるうちに、ふと「ひとりひとりが望む、医療の提供」に奔走していることに気がつきました。
それと、同時に医療と介護が連動しており、切っても切り離せないことを再認識し、介護や医療を必要としている人を主人公にして、その周囲の環境を整えてゆくことの大切さを確信しました。

育德会では歯科や栄養課が担う予防に対応し、生活習慣病と診断された時には、栄養課による指導。
さらに投薬治療が必要となった時には磯村医院が主軸となり、介護が必要となった時には、リハビリや各介護系のサービスのスタッフ達とともに医療が生きる意欲を引き出してゆく。

残念ながら人生の終焉が見えた時には、訪問看護ステーションや訪問介護のスタッフや病棟などの施設系のスタッフが寄り添った看取りで、貢献する。
これが私たちと各ステージの患者様利用者様とのかかわり合いです。
そして、人の人生といのちに違いをもたらすことを使命として、「家族のように安心・安全・快適・尊厳を提供し地域貢献し続ける」を信条としています。

どう予防し、どう生き、そして人生の価値をどう生み出してゆくことにどう関われるのか。
そして、みなさまが安心して、介護を受ける方、そのご家族とともに「安心して暮らせる未来」
そんな未来を地域の皆さまに提供していくこと。
それが私たちのミッションです。

 
PAGE TOP